即納可能商品
特選ギフトセレクション

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


赤字(土・日曜日、祝日)は配送、お問い合わせのお返事をお休みさせております。
■営業時間:12:00-20:00
■定休日(土・日曜日、祝日)のお問い合せ・ご注文には翌営業日に対応させて頂きます。
■問い合わせ・ご注文は365日・24時間受け付けております。


店長コーナー

店長よりご挨拶

みなさまに喜んでいただける魅力的な商品を世界中からセレクトしてお届けいたします!お探しの商品がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

モバイル

Feed

クリストフル Christofle

創業1830年のフランスの老舗カトラリーブランド「クリストフル」。
シルバーコーティングを施す特許と出会った創業者のシャルル・クリストフルは、それまで一部の王侯貴族だけが使ってきた純銀製のカトラリーではなく、 「真鍮」と呼ばれる銅や亜鉛などの合金の表面に、シルバーコーティングを施したカトラリーの作成に成功。木のカトラリーを使っていた庶民にも、シルバーカトラリーを使う機会を与え、フランスの食卓をより豊かで美しいものにしました。
現在では、パリの超一流ホテルや、フランス各地の有名レストラン、さらには大統領官邸などでも使用されています。

「クリストフル」が誇りとするのは、「40ミクロン」というメッキの厚さ。日本で一般的な銀メッキの厚さは、「3ミクロン」。それに比べると10倍以上もあります。このメッキの厚さが、3世代に渡って使用しても大丈と言われる理由。また、40ミクロンという厚さであるからこそ、カトラリーに鮮やかな装飾を施すことができるのです。

銀は使っていると細かい傷が付いていきます。この傷が気になり、使わずに戸棚に大切に保管する人もいますが、本当は銀は使えば使うほど綺麗に輝きます。 これが西欧の考え方で、使い込まれ鈍く光る銀を、月の光に例えて「ムーンシャイン」と呼びます。真新しいピカピカのカトラリーはどちらかと言うと嫌われ、「ムーンシャイン」に輝く銀食器こそが本物の輝きとされています。また、この輝きが出せるのは、「40ミクロン」でシルバーコーティングがされているクリストフルの銀食器だからこそです。

カテゴリー一覧

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

ピックアップ商品

ショップインフォメーション